PMS(月経前症候群)・PMDD(月経前不快気分症候群)について|銀座の婦人科・産婦人科-生理不順,妊婦健診,不妊治療,人工妊娠中絶手術など

ご予約・お問い合わせはこちら

0335615537

電話受付 / 10:00~19:00(休診日:水曜/第1・3・5土曜/日曜/祝日)
診療は予約制ですが、初診の方・急患の方は随時受け付けております。
初診の際もお電話にてご予約をお願いいたします。

コラム

PMS(月経前症候群)・PMDD(月経前不快気分症候群)について

コラム

月経開始の3~10日前頃から下記のような様々な症状が出現し、月経の開始とともに消失または軽減します。排卵に伴うホルモンの変動や、排卵後から月経開始までの間卵巣から分泌される黄体ホルモンの影響によって引き起こされると言われています。
症状としては うつ、気分の落ち込み、悲しくなる、不安感、イライラ、怒りっぽくなる、感情の起伏が激しい、頭痛、めまい などの精神・神経症状や、下腹部膨満感・痛み、乳房の張り・痛み、手足のむくみ、疲れやすい、だるい、眠い、肌荒れ、にきび、食欲亢進 などの身体症状があげられます。
低容量・超低容量ピル(O.C.・LEP)や漢方薬、抗不安薬などで症状の緩和をはかります。

pagetop